PRESIDENT代表取締役社長

永江 暢浩

GREETING

社長挨拶

私たちはどれくらい本気になれるか?天音を起業した時から心にある問いです。
1992年の創立以来、私たちは商業施設とそのユーザーとの橋渡しを担ってきました。リーシング事業からスタートした天音が最も得意とするのは商業施設の活性化です。設立より培ってきたネットワークを活かし、ヒト・モノ・コトをつないできました。1998年からはリーシング事業で得たノウハウを活かして販売代行業に参入しました。現在、全国25店舗の管理・運営をお任せいただいており、現在の天音において主力事業となるまでに成長してきました。
私たちが提供するソリューションはA・M・A・N・E WAYと呼ぶ5つの道しるべを元にご提案しています。

A・M・A・N・E WAY

問題提起(気付き)
  • Amenity・・・快適さ、心地よさ、楽しさの追求
  • Marketing・・・宣伝、販売、技術・市場などを研究する
  • Artistic・・・趣のあるスタイルを生み出す
  • Nature・・・本質をつきとめる
  • Energetic・・・エネルギッシュに取り組む
実現

社会をよりよくしたいと思う気持ちはクライアントも私たちも共通の思いです。理想の実現に向けて天音が提供できるものは何か?突き詰めた先の答えがA・M・A・N・E WAYです。効率よく実現していくためのサポートを強化し、サービスの向上に日々努めています。このように商業施設を取り巻く問題の改善を図り、ひいては一人一人の生活をより充実させていくことが天音にとっての社会貢献と考えています。

その仕事に私たちはどれくらい本気になれるか?本気になれるモチベーションは自らの仕事に誇りを持てる時に生まれます。様々な人との出会いや経験を活かしモチベーションを維持していくために、新しく3つのスローガンを掲げました。これを天音全体で共感し実践していきたいと考えています。

  • ・体験は衝撃的、かつ学習的であれ
  • ・容赦ない厳しさの中でしか“知”の猛獣は育たない
  • ・仕事では高い目的意識を持つ、理想とは社会とのつながり

自らを磨きアンテナを張り続けなければクライアントが抱える問題を解決へ導くアイデアは生まれません。問題を解決できた時、“社会とのつながり”はより一層強固なものとなります。私たちは社会から受けた恩恵を仕事を通じて社会へ還元していきます。より良い社会で共感、共鳴、共有、そして共生していくために私たちは課題に挑み続けます。

平成29年3月
代表取締役社長
永江 暢浩

社会とのつながり

仕事を通じて社会につながる
社会は私たちの生活につながる

私生活

  • ・心地よさの追求
  • ・素材にこだわる
  • ・興味の幅を広げる
  • ・少し違う毎日を楽しむ
  • ・家事を楽にする
  • ・感覚を大切にする

健康

  • ・自己を理解
  • ・定期的な診断
  • ・穏やかな心
  • ・やりすぎない
  • ・食を楽しむ
  • ・活動的な日々をすごす

仕事

  • ・社会とのつながり
  • ・スケジュールにコミット
  • ・ネットワークの広がり
  • ・最短行動
  • ・人を貯める動き
  • ・仲間を信じる
  • ・目標を設定する
  • ・実現に向けて一直線

遊び

  • ・ワクワクする気持ちを大事に
  • ・遊びでも結果を残す
  • ・わかりあえる仲間
  • ・手を抜かない、本気で
  • ・貴重な体験
  • ・話題づくり
  • ・ストレス解消

学び

  • ・”学びたい”に正直に
  • ・会話を楽しむキッカケ
  • ・時間の観念を養う
  • ・継続は力なり
  • ・新しいバイリンガル
  • ・お金で買えない価値
  • ・根気強さを学ぶ
  •  
pagetop